中2冬・英検2級2次面接スピーキング〜不合格の理由

なんとか突破した英検2級の一次試験でしたが、

はい、英検2次面接スピーキングですが、不合格でした。では受検までの流れと結果と今後を綴ります。

スピーキング学習期間と内容

本番2カ月前~本番1カ月前

スピーキングは前回の英検準2級の時も割と苦労しました。なので早めに着手しようと12月に過去問にトライしてみました。

するとちょっと詰まる場面もありましたが、まあまあ話せる。これなら、1次試験が終了してからの勉強でも間に合うのではないか、ということで、1次通過までは放置。月1回のAsteria のスピーキング(英検対策ではない)をしたくらいでした。

本番1カ月前

1次試験が終わった本番1ヵ月前から対策を開始しました。

2級のスピーキングの構成は

  1. 問題カードの音読
  2. 問題カードに関する質問
  3. 3コマ漫画の描写
  4. 社会問題に関する質問2問

となっています。12月時点でどれも練習を積めば大丈夫な感じでした。しかし、1月末時点で再度過去問をさせると…

え、ナニコレ。

1の音読は詰まりすぎ

2の質問には答えられない

3はまあまあ練習すればどうにかなりそう?

4はライティングのやりすぎかポンポン答えられない。長い文章で答えようとする。…しかも言いたいとことが表現できず意味不明。

全てがイマイチでした。しかし、そのうちまともになるかな?と過去問のみで対策。しかし前日になってもイマイチ感はぬぐえず…。これはそうとうヤバいと思い、ガイド英検2級面接大特訓を買い足しました。いくらなんでも前日に買っても意味ないとは思いつつ、何かしなきゃと買って読ませました。

英検2級面接大特訓

2次面接本番

当日はコロナの影響で控室はありません。会場は駅からバスに乗り換え必須な不便な場所。2次の場所が分かったときから行きたくないなぁ、と思うほど不便な場所でした。バスはなんと30分に1本しかないのです。しかし案内書には「送迎厳禁」の文字が。

「バスに乗れなかったからどうするの?」

とりあえず母も付き添って行くことにしました。バス発車時刻の20 分前にスタンバイ。無事に私たちは乗れましたが案の定、乗りきれない人もいたような…。試験の運営上どうなのよ。

しかも今回は

●●時●●分集合(時間厳守)

となっておりました。いつもは●●時~●●時まで受付とかだった気がします。ピンポイントで●●分集合となると早めにいかなきゃいけないけど、時間を潰す場所はありません。

しかし●●時集合だったのに、会場に入ってからみんな30分待期させられたそうです。受付もざっくりな感じだったようなのでバスに乗れなかった人も入れてもらえたとは思います。

しかししかしですよ、「送迎厳禁」のはずが送迎するお車は結構ありました。なんとなんと普通に大学敷地内の駐車場に案内されて駐車していました。そしてそのまま親は駐車場で待機…

もちろん、外で待機する親も沢山いました。私もしかり。お天気は良かったのでなんとか寒空の中、耐えました。

結局終了したのは集合時刻から1時間半後でした。いつもの英検なら30分~1時間で終了していたのにいつもより長かったです。終わって出てきたよつばに

「試験どうだった?」と聞くと

「うーん、一応全部答えたけど…」

といつもの自信のない感じでした。待ち時間が長かったので前日に買った「面接大特訓」を読みこなしていたそうです。ちょっとは役に立ってよかったかな?

2次面接結果

発表の日は私はまたまたお休みをいただいて待機。だって気になって仕事に集中できません。13時発表でした。じっくり13時までカウントしながら待機…そして13時。

アクセスはすぐに繋がり…でも見るのが怖い…

あ、あ、あ、灰色の背景が

..不不合格。

結果の詳細

リーディング 4点/5点

Q and A 15点/25点

アティチュード 2点/3点

スコアがあと少し足らないという結果でした。惜しいと言えば惜しいのですが、よつばのスピーキング能力で受かる方がおかしい、そんなレベルだったのも事実。

どうして不合格になったか?

2次面接を余裕で合格できる人は、大きく分けて2パターンある気がします。

  1. スピーキング能力がある人。
  2. 文法学習がしっかりしていて自己学習ができるオトナな人

1つ目は、低学年の子に多いパターンです。英会話レッスンを受けているので話すことに関しては問題はありません。低年齢の子に社会問題は難しいですが持ち前の会話力で点数を稼ぎます。

2つ目は高校生~大人の人に多いパターンです。英会話レッスンはほとんど経験はないが、文法力があり、自己学習能力に長けています。社会問題の理解はできているのであとは語彙を増やすことでスピーキングを乗り切ります。

はい、よつばはそのどちらにも属せていませんでした。たどたどしく話すことしかできず、態度点を下げてしまう、社会問題に対してはよく分からないので内容もイマイチ。また、自らの欠点を埋める自己学習もできていませんでした。私の指導もイマイチですしね。

再チャレンジに向けてどうする?

あと少しの点数で2次は合格できるでしょう。今まで通りの自己学習でもなんとかなりそうな気はします。しかし、大学入試も四技能が一般的となりつつある今、問題を先送りするのもどうかなと思います。この際、もっとよつばのスピーキング能力を上げたいと思います。

オンラインの英会話レッスンを初めてみようかなと思います。 その条件は

  1. 日本人
  2. 講師が固定
  3. 月額5,000円未満

Asteriaでもスピーキングはありましたが、よつばはシャイで何も質問できず…。なのでレッスンするならとにかく日本人がいい!日本語なら、話したいことを日本語で伝えて、先生から英語表現を教えてもらうことができます。今まではそれができなかったので自分が伝えたいことが話せませんでした。

また、先生がコロコロ変わるのはストレスだそうです。まあ、慣れた方が雑談もできて楽しいですよね。しかし日本人のレッスンは高そうかな…と思っていたら、World talkということろでなんとなんと月3,300円からありました。

すぐさま体験してみましたが、その様子は次回…

とにかく再テストはまだまだ先です。それまでに力をちゃんとつけて本番に臨みたいなと思います。

以上、2級2次面接のレポートでした🍀