中学数学・苦手克服までの努力-4〜文章問題-理科で実践

前回の続きです。

実際に問題を解くときの声かけを書いてみます。理科の地震の問題に取り組んだ時の様子です。理科も数学同様に指導します。

  1. 基礎理論は何度でも説明する
  2. 図の書き方は丁寧に教える
  3. 自分に考えさせる
  4. できるまで放っておく
  5. 解答の記述の仕方には厳しく指導する

指導というほどではありませんが…。地震は私も解説できるレベルではありませんが、声かけだけで正答に辿り着きました😊


問題です。

次の表はある地震における初期微動と主要動の開始時刻をA地点、B地点で記録したものである。

地点震源から
の距離
初期微動
継続時刻
主要動
開始時刻
A40km8時15分27秒8時15分32秒
B80km8時15分32秒\((x)\)

Q1. 地点Bでの初期微動継続時間は何秒か。
Q2. 表の\((x)\)に当てはまる時刻は何時何分何秒か。
Q3. P波の伝わる速さを求めよ。
Q4. S波の伝わる速さを求めよ。
Q5. 地震が発生した時刻を求めよ。


図の書き方は丁寧に教える


母: じゃ、図を書いてみて。

よつば: えー?分かんないよ。↓こんな図??

母: それは地震計のデータ⁈違うよ、問題に出てくる場所と距離を書くの!

よつば:えっと、AとBと震源地×だね。

母:ちょっと、A、Bは一直線上にあるとは書いてないし、ずらして書いてよ。距離が書き込みにくいから。

よつば: P波が8時15分27秒でしょ…

母: 時刻は○:○’○で書くと分かりやすいでしょ。P波も漢字使わず、短く書いた方が…

よつば: じゃ、○Pにするね。

できた。

基礎理論は何度でも説明する

母: 初期微動継続時間って何だっけ?

よつば: それくらい分かってるよ。主要動の時刻から初期微動の開始時刻を引けばいいんでしょ。

母: すごい。分かってるじゃん。それじゃ、求まるじゃない?

よつば: A地点は分かるけど、Bは\((x)\)の時刻が出てないじゃない?

母: えっ、でも初期微動継続時間って何か特別の関係があったよね。

←理論を思いださせる

よつば: …比例?

母: 何と何が比例するの?

よつば: 距離と初期微動継続時間…Aの初期微動継続時間が5sだから

$$40:80=5:x$$

$$x=10$$

Q1 10秒

Q1が解けました!

8時15分32秒+10秒

Q2 8時15分42秒

Q2もすぐに解けました。

自分に考えさせる

母:次はQ3だね。

よつば:えっとー、 分かんないよ。

母:表を見てごらんよ。速度は何があれば求まる?

よつば:距離÷時間

母: P波の距離と時間は表で分かるよね。

よつば: $$\frac{80-40}{5}=8m/s$$

Q3が解けました。

解答の記述の仕方には厳しく指導する

Q3からQ5まで一気に解いて答え合わせしました。

よつば: Q5の答えが合わない〜。

母: 数字取り違えてない?Q5はP波、S波どちらでも答えが出るけど、取り違えないようにしなきゃ。

よつば: (取り違えていたようでいそいそと式を直す)解けた!

母: 解答の記述が足らないから、間違うだよ。ちゃんと何を使うか宣言してないと。(解答欄に記述を足す。)

いろいろな数値が出てくると訳が分からなくなります。記述は最低限、自分が迷わないようにすべしです。

理科は難しい

上記の問題は前にもやりましたが、忘れていたようです。数学と同じ導き方をしたらスムーズに解けました。

ちなみに最近の理科は難しいです。すぐに公式に当てはめて解くことができません。基本は数学と同じでまずは状況を頭に入れる必要があります。数学の方よりも複雑な場合が多いです💦

お読みいただきありがとうございました😊