中1・夏休み 英語の取り組み

よつばの夏休みが終わりました。勉強は余り進まず計画倒れな夏休みでしたが、収穫もありました。

振り返ってみます。

当初の計画

前の記事に書きました。

  1. 高校教科書の精読
  2. 夏期講習のテキスト
  3. ASTERIA
  4. プラス問題集

…よく考えれば、緻密な計画には程遠いですね。ざっくりすぎでした。

高校教科書の精読

全くやりませんでした。そんな暇はない、というかなんというか…精読は親塾でやっていますが、私に暇がありませんでした。夏休みといえどもお勤めがあるので…。

夏期講習のテキスト

これはよつばが一人でコツコツとやりました。

夏期講習は中1の内容ですが、そこそこ難しかったので良い復習になったと思います。塾やz会vテストの偏差値がよいのも今だけです。

これから内容が濃くなっていくと今までのように簡単に得点できないでしょう。先取りに集中しすぎず、基礎もしっかりと勉強させていきたいと思います。

ASTERIA

ASTERIAも一人でコツコツやっておりましたが、あまり進んではいません。他の勉強が忙しかったので良いでしょう。

プラス問題集

文法力を磨いてみよう、と 

文英堂
最高水準特進問題集•英語

に取り組ませました。やらせたのは中学2年生用です。

忘れていた文法もあったので、事前に私がしっかりと説明して丁寧に進めました。が、かなり苦戦していました。

分からないところも、2度3度やれば完璧かな?と思っていたのが間違いでした!…何度やっても身に付かず。

基礎がなってないと頭に入らないようです…。1番時間を割いたのですが..

英検3級取得後にぴったりの文法書

夏休み終わりまで後1週間というある日、出会ってしまいました。

それは 桐原書店 EMPOWER

参考書兼問題集です。

ちょうど良い難易度の例文(英検3級程度)

例文の単語が難しすぎるとやる気がおきませんが、よつばにも分かる単語が多く1人でも学習しやすくなっています。

イラストが豊富でわかりやすい

文法を絵で説明しています。中1といえどもまだ子供。イラストだと頭が働くみたいで自ら進んで読んでいました。

問題を解くことで理解が深まる

今までやらせた問題集はやっても身につかない感じでした。難易度が高すぎたのでしょうか?

しかし、この参考書は違います。頭に入る入る!!!カリキュラムが良いんでしょうね。

どうしてそうなるか?の解説がある

桐原書店といえば、文法解説が素晴らしいNHK英会話の講師大西泰斗さんの本を出しています。大西さんの精神を受け継いでか、この参考書もかなり

なぜ?どうして?

をキチンと説明してくれています。

例えば

giveはtoを使うが
buyはforを使う のは何故か?

例文

I gave some flowers to you.
I bought some flowers for you.

とか。(気になる人は買ってみてください。)

無料アプリでさらなる演習ができる

無料アプリは読者でなくてもダウンロードできます。有り難いですよね。並び替え問題などがあり、サクサクとこなせば文法を覚えられるようになっています。

よつばは第3文型の第4文型への書き換えとか、出来なかったのですが、やっと分かってきたようです。

I gave some flowers to you.

I gave you some flowers.

語順が変わるんですよね。

今後の目標

引き続きこの参考書を進めていきたいと思います。11月からは英検対策もしたいのでそれまでに以下の内容まで終わらせたいです。

文の構造、時制、完了形、助動詞、受動態、不定詞、動名詞、分詞、比較

しかし、二学期はいろいろと忙しいんですよね。定期テストの勉強も大丈夫かな…



以上です🍀